店主からの一言(店主の独り言) 

☆「へりあり畳」と「へりなし畳」の比較

「へりあり畳」は純和風の住宅に合い、へりを付けてることで部屋全体が締まります。廻りに、へりを縫い付けるので畳表の浮きがなくなり若干ですが耐久性はあがると思われます。

「へりなし畳」は洋風住宅や純和風住宅に合い、へりがないことでお部屋が大きく感じます。カラーバリエーションや種類も豊富でいろいろな空間造りが楽しめます。カラーバリエーションや種類が多い分、価格は割り当て高になってしまいます。プチリフォームにフローリングにはない空間造りに是非検討ください。ソファーに座るならレザー畳の購入もいかがでしょうか?

 

☆「天然イ草畳」「ダイケン畳」「セキスイ畳」の比較

イグサ断面図「天然イ草畳」天然畳の特徴は空気清浄機能があることです。イ草のスポンジ状の部分は、水分を吸湿し空気が乾燥すると反対に放湿する調湿機能があり、二酸化炭素やシックハウスの原因とされる有害な化学物質を吸収することもできます。

化学畳と比べると耐久性は低いですが、日焼けすることで汚れが目立たなくなります。また国産畳は時間が経つにつれてツヤがでて綺麗な琥珀色になってきます。

「ダイケン畳」「和紙畳」の特徴は、天然の風合いをそのままに化学畳の耐久性・色変わりなしの両方を良い所どりした畳です。その反面どちらも中途半端な機能になってしまい、耐久性で比べるとイ草の3倍ですが汚れの面ではセキスイ畳よりは格段に劣ります。天然材が欲しいけど色変わりが嫌な方にはお勧めの素材です。

「セキスイ畳」1番特徴は優れた耐久性です。天然畳・ダイケン畳と比べても耐久性はダントツで汚れや耐油に強く、その反面火には弱くタバコを吸う方などには注意が必要な畳です。綺麗な青畳を長く使いたい方・畳クズが嫌な方にお勧めの素材です。

☆各お店屋さんで商品名称と値段が一致しない理由

畳の商品名称は統一規格がないので、各お店側で商品名称を決めています。「極」の名称でも値段が大きく違ってしまいます。また同じ材料でも店側で施工費や工賃が大きく違い販売価格が変わってしまいます。

誰でも簡単に畳表の材料を比較ができるように「検印」があります。

「検印」があると

①100%国産(熊本産)です。

②生産者の名前が明記されます。

③重さや長さ草質(品種)が明記されます。

④最高クラスの畳表は抜き取り検査され名称が明記がされます。

「ひのさらさ」「ひのさくら」最高クラスの畳表につく名称で、認定書や検印がつきます。

当社では

◎規格の統一のために

検印を受けたものを使用します。当社の商品名称を一致させ販売しています。

◎最高級「ひのさらさ」他社との比較

ひのさらさは他社では張替え価格で3万~4万円の設定されています。当社では1万6千円で張替えています。
また橋口さんは熊本屈指の生産者と言われおり、この方の「ひのさらさ」を使用しています。

 

お読みいただき、ありがとうございます。